江東区立若洲公園キャンプ場利用 2018年4月14日

 埋立地でキャンプ! 奥に見えるのは「東京ゲートブリッジ」
c0210087_19171500.jpg





 ビッグオフロードクラブのメンバーより「江東区立若洲公園キャンプ場」の情報を得ており、その立地に興味が湧き自分も利用してみた。
アクセスの良さから非常に人気があり週末はデイキャンプも宿泊キャンプも予約で一杯だが平日は予約できた。
チェックインの締切時間は午後4時と早いため、早々に荷造りして出発!
c0210087_19221127.jpg


 こちらの管理棟にてチェックインの手続きを済ませ・・・
c0210087_19195850.jpg


 キャンプ場入口の二輪専用駐車スペースに愛車を停め、今晩の荷物を降ろしてカバーを掛けたら・・・
c0210087_19190169.jpg


 荷物をリヤカーに載せ指定されたキャンプサイトへ向かう(キャンプサイトの場所を選ぶことはできない)。
バイクとはいえ、テントに寝袋、椅子にテーブルなど運ぶものが多いので、リヤカーが用意されているのは大変助かった。
c0210087_19193149.jpg


 平日なので空いていたが、それでも家族や自分のような一人のキャンパーなど10組ほどのテントが張られていた。
c0210087_19175554.jpg


 この日は曇っていたが幸い雨は降らなかった。雨が降った時でも飲食ができる大きな建物がある。テーブルを持っていない、またはテーブルを車やバイクに積みきれない人はこちらを利用すればいいので晴天でも雨天でも非常に便利だ。
c0210087_19181730.jpg

 キャンプ場としては広い方かと思うが距離を開けずトイレが複数建てられ、これまた女性や子供には大変便利だろう。トイレは4箇所、炊事場は5箇所あった。
c0210087_19183128.jpg


 キャンプは山に囲まれた森の中というイメージだが、東京ゲートブリッジやビルが見えたり、羽田空港に着陸するジェット機の音やゲートブリッジを通る大型トラックの走行音が煩かったりするが、綺麗で東京都心からアクセスの良いキャンプ場は気軽で案外良いかもしれない。
c0210087_19202974.jpg


 キャンプはしてみたいが道具一式を買うのはハードルが高いという人にはテントや寝袋のレンタルやバーべキューの道具と食材のセットプランもある。コンセプトは「手ぶらでバーベキュー」!(笑) キャンプ場の立地を考慮した初心者向けの良いプランだと思う。

 コインシャワーはあるが使用できる時間が限られている(夜間利用不可)ことと、入浴施設はないので覚えておいた方がいい。また自身が出したごみは全て持ち帰らなければならないのでこの点も注意!
c0210087_19164536.jpg


 詳細はこちらの公式HPにてご確認ください
 
 所在地:東京都江東区若洲3丁目2番1号






by sade-adu | 2018-05-12 02:23 | ツーリング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://madstone.exblog.jp/tb/29488520
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]